依存症予防教室の開催を募集します

対象:小・中・高・専門学校・大学・教師・保護者

県内の学生対象と、教師・保護者向けに依存症予防教室の開催を募集します。

講師はASK認定依存症予防教育アドバイザーによる青少年向け、依存症予防教室です。

内容は、「自己信頼-自分を大切にすることを教える」「正しい知識-実感できる形で教える」「自分を守る技術-断り方を具体的に練習する」の3つの柱を組み合わせたASK依存症予防プログラムです。

沖縄県では、県民の飲酒に関する健康障害や社会問題は全国にくらべ、ワーストの状況であり、未成年の補導率も全国の2倍と高いです。飲酒喫煙の低年齢化の問題や、未成年の大麻事件は普通の子がSNSから入手した経緯がありスマホ使用に関する危険性について、親の知識不足や、管理の不十分さが指摘されています。

この現状を解決するために生徒へ、物質や行為依存によって脳や身体に与える影響や危険性の知識を教え、親自身の依存行動についても子どもにどう影響を与えているのか、振り返る機会が必要です。
「依存が依存症にならないように」正しい知識とライフスキルを早い時期から身につけることが必要です。
ぜひ生徒や保護者向けの開催をご検討下さい。

1.小学校(5・6 年)・中学校・高校・専校・大学への出張講座

成長期の脳や臓器にアルコール・薬物・スマホ依存が与える影響や依存症の危険性について生徒と一緒に考えます。
また感情への対処法や、仲間の誘いを断る技術などをロールプレイを用いて練習します。対象となる学生によって内容を変えます。
ご要望に応じ「アルコール・薬物・タバコ・ゲーム・スマホ依存」など組み合わせは自由です。

2.教師・保護者への出張講座

子ども向けのアルコール・薬物予防プログラムを実演しながら、子どもに対して「自分を大切にする」ことをどう伝えるかを考えます。

★3密防止を考慮した会場づくりで参加人数の調整をお願いします。(学級単位・学年単位などご相談ください。)
★オンラインでの教室もご要望があれば対応可能です。
★内容・時間ともご希望によってアレンジします。(40 分~120 分)
★無料で行います。お申込みご相談はこちら

日 時:令和2年6月~令和3年2月まで 40分~120分
場 所:各学校・ご希望の場所で
対 象:①生徒・学生(小5・6年・中学校・高校・専門学校・大学)
    ②保護者・教師
内 容:
①生徒対象=アルコール・タバコ・ギャンブル・スマホ依存の予防教育です。正しい知識と自分を大切にするライフスキルを教え、仲間からの誘惑や強要を断るロールプレイを生徒が前に出て行います。
②保護者・教師=子ども向けの予防教育を実演しながら、子どもに対して”“自分を大切にする”ことをどう伝えるかを考えます。
参加費:無料(文部科学省委託事業)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です